京都一のパワースポット

20161012-IMG_0022s.jpg

皆様こんにちは、マッダレーナです。

昨日の記事からお読み頂いていた方は、いろいろ想像されたかと思います。
先日行った京都一といわれているパワースポットというのは、「出雲大神宮」でした。京都の亀岡市というところにあります。縁結びで有名な出雲大社と、いろいろいわれがある神社です。とてもお天気のよい日だったので、気持ちよく参拝ができました。

出雲大神宮は、京都一のパワースポットとも言われています。御祭神は、大国主命 (おおくにぬしのみこと)・三穂津姫命 (みほつひめのみこと)。ご利益は、縁結び、商売繁盛、長寿

行った日の数日前に、創建千三百五年を記念して、鳥居と出雲大神宮社号標が設置されたそうです。表参道の整備は、平成26年くらいからされていたそうで、最後の鳥居と出雲大神宮社と書かれた石の標識で完成。なんと運のよい時に行ったのでしょうか。新しくなった表参道はこちらです。

20161012-IMG_9964s.jpg

「縁結びは、単に男女の仲を結ぶことだけでなく、人聞が立派に成長するように、社会が明るく楽しいものであるようにと、お互いの発展のためのつながりが結ぼれることである。」ということなので、お仕事される人も良い縁をいただけるかもしれません。

20161012-IMG_9979s.jpg

出雲大社との関係は、徒然草には「出雲大社から勧請して(神様を招いて)社を建てた」とありますが、丹波国風土記には、「出雲大神宮から出雲大社へと神様を移した」とあります。どちらが本当なのか真相はわかりませんが、出雲大神宮は出雲大社よりも古いので、「元出雲」とも呼ばれています。

この山自体が国常立尊(クニノトコタチノミコト)がお鎮まりになる御神体として信仰があったのは、社殿創建より遡ること一万年以上ともいわれており、山・川・岩・水などの自然そのものが神からの恵みであると伝えられてきました。

20161012-IMG_9992s.jpg

国常立尊(クニノトコタチノミコト)が御祀りされている御神体山は、は神域であるため、そこに行くには、社務所で受付をして、白い襷(たすき)をいただかないと入山できません。行かれる方は、参拝前に受付していきましょう。時間的には、社務所から10分程度です。

■所在地
〒621-0002 京都府亀岡市千歳町出雲無番地
アクセス方法は、サイトのほうに掲載されています。
出雲大神宮
http://www.izumo-d.org


20161012-IMG_0018s.jpg

出雲大神宮の御神水「真名井の水」というのがありますます。日本水質保健研究所の調べによれば、ミネラルがバランスよく含まれ、極めて健康に良い“うまい水”なのだそうです。このような水質は自然界においても非常に稀なようで、京都一のパワースポットで神秘の水に触れ、健康になり、縁がつながり、商売繁盛。これは行っておきたいスポットではないでしょうか。ペットボトルをお忘れなく。

それから、行く前にネットで調べていった情報によると、下記のようなことが書いてありました。
「本殿に参拝する前に、手前にある「黒太夫社」へ。黒太夫社は、氏子の祖先神を祀っているため本殿より先に参拝するのが正しいのです。
また、万事導きの力を司る神様を祀るパワースポットなので、迷っていることがある人は、心をこめて手を合わせてみてはどうでしょう。
https://metimes.jp/articles-941

「黒太夫社」を先に参拝しようと思ったのですが、どこにあるのかわかりません。(汗)
わからないので、そのまま本殿を参拝しました。そしてひととおり回ったあとに「黒太夫社」がどこにあるのかわかったのです。西の出口のところに5,6台止められるような駐車場があります。そこにある鳥居を抜けて、住宅地をまっすぐ進むと、車の通っている大通りに出ます。その大通りにでたところの右側にありました。徒歩2,3分といったところです。もし、参りされる方は参考にされてください。猿田毘古神(さるたびこのかみ)と大山祇神(おおやまつみのかみ)が祀られています。





↓ランキングに参加しています!

人気ブログランキングへ

星からのメッセージを多くの方にお届けできたら・・という思いで日々つづっておりますので、クリックいただくと非常に嬉しいです。そして、面倒なクリックをして下さった方へは心から感謝いたします。
ありがとうございます!


この記事へのコメント